ダイエットの停滞期とストレス

イメージ

停滞期になると、ダイエットのストレスは最高潮になります。ダイエットをしていると、とかくストレスを貯めがちです。期待した通りに体重が減っていたり、ダイエットがうまくいっている実感を得られなければ、長期間の食事制限や有酸素運動を続けることは難しいでしょう。ダイエットはできるだけスピーディに取り組みたいと考えている方もいるようです。とはいえ、美容や健康にいいダイエットでは一定のペースで体重を減らしていかなければなりません。
また、停滞期と体重減少の期間を交互に経験することになります。停滞期には個人差がありますが、2週間〜1カ月程度あります。停滞期に入るとそれまで減り続けていた体重が減らなくなるため、精神的なストレスになります。停滞期に入っても慌てずに、今までと同様の気持ちでダイエットにとり組んでいきましょう。階段と階段の間に踊り場があるように、体重が減る時期の間には停滞期が挟まれるものと認識しましょう。
停滞期中のストレスはどんどん貯まっていくため、空腹がこらえきれなくなり過食してしまうという人もいるようです。効果があると評判のダイエットを実践していても、停滞期に入る毎にストレスが膨れあがってしまっては、なかなかうまくいかないでしょう。
停滞期に入ると体重が減りにくくなることが事前に把握できていれば、ダイエット効果がでにくい時期に入った時のストレスが緩和されます。たとえ停滞期に入ったとしても、停滞期が終われば確実に体重が減ることを心の支えに冷静にダイエットが続けられます。

ただ、やはりムリなダイエットというのは後からリバウンドに繋がる可能性が身体的にも精神的にも非常に高いので、脂肪吸着系のサプリメントを使い、軽めの運動と併用することでストレス無くダイエットできるのでお勧めです。脂肪吸着系なら最近リニューアルしたキュートミーという読者モデルの間で話題となっているサプリが良いみたいです。

ダイエット停滞期のはじまり

ダイエットをしていると、どんな人に対してであれ停滞期は訪るものです。
最初の頃はどんどん体重が落ちてダイエット自体も楽しく感じるものですが、3週間から4週間目には、それまで順調だった体重の変化がなくなります。停滞期とはこのような状況のことです。結果が出にくくなってモチベーションが下がってしまう人もいますが、気にすることはありません。停滞期は誰にでもやってくるものです。停滞期中にもしっかりダイエットへの取り組みができていることで、結果となって表れます。
本来人間の体はダイエットをして体重が減り始めると体が飢餓状態だと認識し始めます。体ができるだけカロリーを使わないことで、低カロリー食などに体を順応させようとします。停滞期とは、飢餓状態に対応しようとしている体がエネルギー効率を極端に落とすために、運動や食事制限でも体重が変わらなくなることです。 今までよりなお運動を多くしたり、摂取カロリー量を減らすことで、停滞期であっても体重ダウンを目指す方もいます。無理のかかるダイエットをすることで、体調を崩してしまう場合があります。停滞期でも、マイペースでこれまで通りのダイエットメニューをこなすことが大事です。停滞期は永久に続くわけではありません。期間は人によって異なりますが、ダイエットに取りかかってから5週間もすれば停滞期は終了し、体重は減っていきます。健康的なダイエットを行うには、停滞期に入っても避けて通れない道だと受け入れ、それまで通りのダイエットプランを続けていきましょう。